このページの本文へ移動

更新日:2020年7月 7日

新着情報

「学びの継続」のための「学生支援緊急給付金」について【2次募集】

文部科学省において、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によるアルバイト収入の減少などにより、学生生活の継続に支障をきたす学生等を緊急に支援するため、「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』制度が創設(令和2年5月19日閣議決定)されました。

1次募集については、6月5日(金曜日)に締め切ったところですが、この度2次募集を行うこととなりましたので、該当する方は必ず今回、書類を提出してください。

なお、前回申請し、採用された学生は対象外となりますので注意してください。

また、前回の申請で非課税世帯にもかかわらず、給付金の振込み額が10万円であった学生は、7月17日(金曜日)までに事務局教務学生グループまで申し出てください。

制度の概要

今般の新型コロナウイルス感染症拡大による影響で、世帯収入・アルバイト収入の大幅な減少により、学生生活にも経済的な影響が顕著となっている状況の中で、大学等での修学の継続が困難になっている学生等が修学をあきらめることがないよう、現金を支給する事業です。住民税非課税世帯の学生には20万円、それ以外の学生には10万円が支給されます。

(文部科学省ウェブサイト)

https://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/hutankeigen/mext_00686.html

申請方法

下記の「申請の手引き」等をよく読み、保護者とも相談したうえで、提出書類をそろえて、大学事務局教務学生グループまで提出してください。

「学びの継続」のための『学生支援緊急給付金』申請の手引き(学生・生徒用).pdf

手引きの補足事項(二次募集用).pdf

不明な点がある場合は、教務学生グループまでお問い合わせください。

※国において大学ごとに推薦枠が設けられるため、採用されない可能性があることをご承知おきください。

※支給後、申請書類に虚偽があった場合は、全額返金しなければなりません。

対象者
  • 本学の学部・助産学専攻科・大学院に在学する学生のうち、要件に該当する者
提出書類

※添付書類のうち「住民税非課税証明書」については、生計維持者(保護者等)の分を提出してください。

提出期限
  • 令和2年7月17日(金曜日)

支給方法

申請後、大学等での選考・推薦を経て、日本学生支援機構より届出の口座に振込みがされます。

なお、口座への振込みをもって支給決定の通知となりますので、各自ご確認ください。

このページに関するお問い合わせ

教務学生グループ

電話番号:089-958-2111 ファックス番号:089-958-2177