このページの本文へ移動

更新日:2020年4月20日

新型コロナウイルス対策に関するお知らせ

新型コロナウイルスの感染防止に関する再度のお願い

_新型コロナウイルスの感染事例が県内でも確認されるなか、4月13日に愛媛県知事から、今後当面2週間「緊急事態回避」のための行動として、県民に対し不要不急の行動自粛等を徹底するよう強い要請がなされ、14日付けで皆さんに「新型コロナウイルス感染症に関するお願いについて」お知らせして、感染予防対策をお願いしたところです。

_また、学生の健康と安全を守るため、当面、4月20日から5月22日の間は、遠隔授業を実施することもお知らせしました。

_ご承知のとおり、4月16日に、これまで7都府県に出されていた「緊急事態宣言」の対象地域が全国に拡大され、愛媛県も対象区域に入りました。愛媛県知事は翌17日の記者会見で、「県内の感染が急速に拡大したといった状況にはなく、今月末からの大型連休における都道府県をまたぐ人の移動の活発化によって、感染が地方に拡大することを防ぐための全国一斉の措置であり、あせらず冷静に受け止めて、これまでお願いしてきた3つの要請事項を、さらに意識して実行してほしい。」と県民に呼びかけています。

_改めて、学生の皆さんに対し、次の要請事項をお知らせします。

_このことは緊急事態宣言による法律を根拠とした強い要請になったことを認識し、5月6日までの間、さらに行動の自粛等を徹底してください。

_特に、大型連休も含めた5月6日までの期間中において、県外への旅行や県外の帰省先からの帰県など、県の区域をまたぐ移動や、県外からの来訪者との接触などは、真にやむを得ない場合を除き、原則禁止を要請しますので、どうか適切な行動をお願いします。

_

1.「うつらないよう自己防衛」

・自分自身の安全は、自ら守ることが重要です。体調管理をしっかり行うとともに、「手洗いの励行」等の基本的な感染予防対策を徹底してください。

・「換気の悪い密閉空間」「多数が集まる密集場所」「間近で会話や発声をする密接場所」のいわゆる「3つの密」の条件が重なる場を徹底して回避してください。特に、「3つの密」が重なる場のうち、全国でクラスターが多数発生している「繁華街の接客を伴う飲食店等」への出入りは、徹底して自粛してください。

2.「うつさないよう周りに配慮」

・できる限りマスクを着用し、たとえマスクの入手が困難な場合であっても、咳エチケットを徹底してください。人と接するときにも、しっかりと距離をとって会話等を行うとともに、自ら「3つの密」となるような機会を作らないでください。

3.「不要不急の外出自粛」

・緊急事態宣言の対象区域内では、外出自粛要請や休業要請がなされています。感染拡大地域への訪問は、できる限り自粛してください。

・やむを得ず外出する場合も、最低限の生活必需品の購入や、必要な医療機関への受診に限る等、日常生活に支障がない限り、自宅で過ごしてください。

・愛媛県内において、市中感染の可能性が否定できない愛南町(隣接する高知県宿毛市を含む)や松山市を含む中予地域に対しては、特に不要不急の外出自粛が強く求められていることを認識してください。

_

体調不良の場合には、大学に連絡したうえで自宅待機し、必要に応じて医療機関を受診してください。

皆さんは医療人を目指す学生としての自覚をしっかり持って、適切な行動を取ってください。

令和2年4月20日_

愛媛県立医療技術大学_学長_安川_正貴_

https://www.pref.ehime.jp/h25500/documents/020417press.pdf【県民・事業者の皆様へ「新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急事態措置等の内容について」(令和2年4月17日愛媛県保健福祉部社会福祉医療局保健福祉課)】