このページの本文へ移動

更新日:2018年2月20日

新着情報

本学大学院研究科修了生が第2回愛媛県臨床細胞学会学術奨励賞を受賞しました

大学院保健医療学研究科修士課程医療技術科学専攻2期生の藤田泰吏さんが、大学院研究科で行った以下の研究により、第2回愛媛県臨床細胞学会学術奨励賞を受賞されました。

なお、本研究は以下の海外学会誌に掲載されています。

Fujita T, Sofue T, Moritoki M, Nishijima Y, Tokuhara Y, Wakisaka H, Kushida Y, Haba R, Ohsaki H. Urinary WT1-positive cells as a non-invasive biomarker of crescent formation. Cytopathology. 2017, 28(6):524-530.

邦題「半月体形成の非侵襲性バイオマーカーとしての尿中WT1陽性細胞について」