このページの本文へ移動

更新日:2017年10月18日

看護学専攻のご紹介

3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業認定・学位授与の方針)

修業すべき年数以上在学し、卒業に必要な所定の単位を修得していること。さらに、教育目標に照らし、以下の能力を修得できていることを要件とします。

  • 看護に関する理論学習を通して経験を意味づける力を身につけている。
  • 人々の健康に関連する諸現象を分析し構造化する力を身につけている。
  • 論理的に思考し他者にわかりやすく説明する力を身につけている。
  • 実践の場においてリーダーまたは管理者、教育者として個人や集団を動かす力を身につけている。
  • 看護実践の質の向上に向けて問題意識を持ち、科学的に追求していく方法と態度を身につけている。保健医療分野に関して広い見識を身につけている。
  • 保健医療分野に関して広い見識を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

専門科目は、「専門共通」と「専門分野」「特別研究」の区分で構成します。

  • 「専門共通」は看護学のいずれかの専門分野や特別研究を極めていくうえで、看護学として共通に学修する必要のある科目を配置し、個人のニーズに合わせて選択とする。
  • 「専門分野」は、<臨床看護実践分野><地域健康生活支援分野><看護教育分野>の3分野18科目で構成する。ひとつの専門領域を系統的に深め、特別研究につなげていくことを意図し、専門領域ごとに特論I・特論II(一部の科目では特論III)・演習を配置し、研究しようとする領域については6単位以上を履修することとする。
  • 特論ではその専門領域における中心概念や理論、及びその展開方法等、演習は特論と併行させ、事例検討やフィールドワーク、文献のクリティーク等を通して特論で学修した内容の理解を深化させるとともに、研究計画につなげていく。いずれも学生を主体とする発表・討論を軸に進めていく。
  • 「特別研究」では、指導教員による個別指導を重ねながら、研究課題の探究から研究計画立案、発表、研究の実施、中間報告、論文作成、最終発表と口頭試問のプロセスを経ることとし、これらを通して研究力の修得を図る。
  • 1年次にできるだけ「特別研究」以外の科目を履修し、1年次後期からはそれと並行して研究計画に取り組み、2年次以降には研究が中心となるよう履修指導を行う。長期履修の場合も選択する研究領域科目及び研究方法に関わる科目を履修期間の前半に履修し、系統的にリサーチワークが行えるよう履修指導を行う。

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

研究科共通項目に加えて、看護学専攻は以下のような人を求めます。

  • 看護実践上の課題解決に向けて自ら探究する意志のある人
  • 専門分野における実践能力のさらなる深化を目指している人