このページの本文へ移動

更新日:2015年8月18日

保健医療学研究科のご紹介

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

保健医療学研究科

本研究科に2年以上在学し、目標とする学問分野を深め、所定の単位(32単位以上で履修基準に定める単位数)を修得し、かつ必要な研究指導を受けたうえで、本研究科が行う修士論文の審査および最終試験に合格すること。

さらに、教育目標に照らし、専攻ごとに以下のような能力を修得できていることを要件とする。

看護学専攻

  • 看護に関する理論学習を通して経験を意味づける力を身につけている。
  • 人々の健康に関連する諸現象を分析し構造化する力を身につけている。
  • 論理的に思考し他者にわかりやすく説明する力を身につけている。
  • 実践の場においてリーダーまたは管理者、教育者として個人や集団を動かす力を身につけている。
  • 看護実践の質の向上に向けて問題意識を持ち、科学的に追求していく方法と態度を身につけている。
  • 保健医療分野に関して広い見識を身につけている。

医療技術科学専攻

  • 臨床検査学について自ら深く学習する力を身につけている。
  • ヒトの体の仕組みや機能を科学的に説明する力を身につけている。
  • 健康・病気について論理的に思考し他者に分かりやすく説明する力を身につけている。
  • 臨床検査実践の場においてリーダーシップが取れる力を身につけている。
  • 臨床検査実践の質の向上に向けて問題意識を持ち、科学的に追求していく方法・技術を身につけている。
  • 保健医療分野に関して広い見識を身につけている。

このページに関するお問い合わせ

保健医療学研究科

電話番号:089-958-2111 ファックス番号:089-958-2177