このページの本文へ移動

更新日:2010年5月12日

看護学科

研究概要 豊田 ゆかり

研究活動

主な研究テーマ

  • 医療的ケアが必要な在宅で生活する子どもと家族の看護

論文

  • 豊田ゆかり矢野薫長尾秀夫(2015):低出生体重児の発達と支援の現状,愛媛県立医療技術大学紀要, 12(1), 1-8
  • 豊田ゆかり西田慎太郎梶原厚子(2011):在宅で生活する先天性心疾患児の体調管理と発達支援のための訪問看護のケア力,小児看護,34(9);1217-1225
  • 豊田ゆかり梶原厚子(2007):小児在宅ケアの継続期を支える地域看護と関係機関の連携,小児看護,30(5),673-677

学会発表

  • 豊田ゆかり枝川千鶴子野村佳代:医療的ケア児の在宅生活が継続できるための専門間連携の実際,第23回日本在宅ケア学術集会,2018年
  • 豊田ゆかり枝川千鶴子窪田静西田慎太郎:医療的ケアが必要な子どものライフイベントに応じた相談支援,平成24年日本在宅ケア学会学術集会,2012年
  • 豊田ゆかり中越梨香森真弓他7名:中学生保護者の性教育と性用語理解に関する調査, 日本公衆衛生学会総会抄録集,69回,2010年
  • 豊田ゆかり梶原厚子川本和子他4名:重症心身障害児の成長記録,第39回日本発達障害学会,2004年

報告書

  • 豊田ゆかり(研究代表者) 他4名:医療的ケアが必要な子どもとその家族のQOLを実現するマネジメントに関する調査,2010年,勇美記念財団,研究助成
  • 豊田ゆかり(研究代表者)他3名:医療的ケアが必要な乳幼児の個別支援計画に基づいたデイサービスの構築,2009年度,勇美記念財団,研究助成
  • 愛媛県立医療技術短期大学障害をもつ子どもの生活を考える研究グループ:,2002年(共同執筆)
  • 重症心身障害児の在宅生活を支える要件(共同研究)―保護者をサポートする視点からー愛媛県重症心身障害児(者)を守る会:愛媛重症心身障害児(者)のための医療,保健マニュアルと療育マップ:2001年(共同執筆)

著書

  • 訪問看護基本テキスト,分担執筆,2018年日本訪問看護財団
  • 小児看護技術,分担執筆,2016年メヂカルフレンド社
  • 公衆衛生看護キーワードナビ,分担執筆,2013年インターメディカル
  • 最新訪問看護研修テキストステップ2 小児障害児看護,分担執筆,2007年日本看護協会出版会
  • 実践看護技術学習支援テキスト小児看護,分担執筆,2004年,日本看護協会出版会
  • 「訪問看護e-ラーニング」コンテンツ小児・障害児看護(1)(2),分担作成2006年, 日本看護協会中央ナースセンター

その他

  • 豊田ゆかり枝川千鶴子野村佳代奥田美恵:福祉の現場から医療的ケアに特化した地域包括ケアシステム構築に向けた支援組織の機能強化に関する研究の背景(解説) 地域ケアリング19(4), 65-69
  • 性教育パッケージ:CD-ROM 分担作成 2016年
  • 思春期性教育パッケージ:CD-ROM 分担作成 2010年
  • 科研(C)豊田ゆかり(研究代表者2007-2008):摂食機能障害のある重症心身障害児の在宅における食事介助方法の構築方法の構造:https://kaken,nii,ac,jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-19592597/
  • 科研(B)豊田ゆかり(研究代表者2012-2015):難病疾患患児のためのモニタリングシステムを含む地域連携支援パスの開発:https://kaken,nii,ac,jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-24390512/
  • 科研(C)豊田ゆかり(研究代表者2016-2019):小児に特化した地域包括ケアシステム構築に向けた支援組織の機能強化に必要な要因究明: https://kaken,nii,ac,jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16K12310/

専門領域での活動

所属学会

  • 日本看護学会,日本看護科学学会,小児保健学会,日本小児看護学会,日本在宅ケア学会,日本小児がん看護学会, 日本看護研究学会, 日本母性衛生学会, 思春期学会

メッセージ

子どもの看護について医療・保健・福祉・教育の多角的視点から考えていきたい。。

連絡先

ytoyota◎epu.ac.jp(メール送信の際は、◎を@にかえてください)

このページに関するお問い合わせ

看護学科

〒791-2101 愛媛県伊予郡砥部町高尾田543

電話番号:089-958-2111 ファックス番号:089-958-2177