このページの本文へ移動

更新日:2012年4月28日

看護学科

研究概要 草薙 康城

研究活動

主な研究テーマ

  • 妊娠高血圧症候群、婦人科腫瘍学、産婦人科手術学

論文

  • Nabeta M, Abe Y, Takaoka Y, Kusanagi Y, Ito M. Identification of anti-syntaxin 5 autoantibody as a novel serum marker of endometriosis. J Reprod Immunol. 2011; 91(1):48-55.
  • Kusanagi Y, Kojima A, Mikami Y, Kiyokawa T, Sudo T, Yamaguchi S, Nishimura R. Absence of high-risk human papillomavirus (HPV) detection in endocervical adenocarcinoma with gastric morphology and phenotype. Am J Pathol. 2010; 117(5):2169-2175.
  • Nabeta M, Abe Y, Haraguchi R, Kito K, Kusanagi Y, Ito M. Serum anti-PDIK1L autoantibody as a novel marker for endometriosis. Fertil Steril. 2010; 94(7):2252-2257.
  • Koizumi K, Abe E, Kusanagi Y, Ito M. Giant immature intracranial teratoma with antenatal cranial perforation. Obstet Gynaecol Res. 2010; 36(6):1252-1255.
  • Nabeta M, Abe Y, Haraguchi R, Kito K, Kusanagi Y, Ito M. Indentification of anti-α-enolase autoantibody as a novel serum maker for endometriosis. Proteomics Clin. 2010; 3(1):1201-1210.
  • Kojima A, Mikami T, Kusanagi Y, Ito M. Gastric morphology and immunophenotype predict poor outcome in mucinous adenocarcinoma of the uterine cervix. Am J Surg Pathol.2007; 31(5):664-672.
  • Katayama T, Kusanagi Y, Kiyomura M, Ochi H, Ito M. Leuko- cyte behaviour and permeability in the rat mesenteric microcirculation following induction of ovulation. Hum Reprod. 2003; 18(6):1179-1184. 等

報告書

  • 脳性麻痺児における周産期事象の検討(財団法人おぎゃー献金基金研究費、平成20年3月報告書)

著書

  • 草薙康城、伊藤昌春;産婦人科研修の必須知識 2011度版.担当部分(妊娠高血圧症候群)等

その他

    日本産科婦人科学会専門医
    日本婦人腫瘍学会暫定指導医

専門領域での活動

所属学会

  • 日本産科婦人科学会、日本妊娠高血圧学会、日本婦人科腫瘍学会、日本産婦人科内視鏡学会、日本周産期・新生児学会、日本産婦人科手術学会、等

学会活動・社会活動

    愛媛大学大学院医学系研究科非常勤講師
    愛媛大学医学部附属病院診療講師
    日本産科婦人科学会代議員
    日本妊娠高血圧学会評議員・幹事
    日本婦人科腫瘍学会評議員
    日本産婦人科内視鏡学会評議員
    愛媛県産婦人科医会常任理事
    愛媛県女性の健康支援事業連絡協議会委員
    愛媛県周産期医療研究会幹事
    愛媛県不妊相談アドバイザー、等

連絡先

ykusanagi◎epu.ac.jp(◎を@にかえてください)

このページに関するお問い合わせ

看護学科

〒791-2101 愛媛県伊予郡砥部町高尾田543

電話番号:089-958-2111 ファックス番号:089-958-2177