このページの本文へ移動

更新日:2010年2月25日

臨床検査学科

研究概要 佐田 榮司

研究テーマ

膠原病、アレルギー、自己免疫疾患の臨床病態に関する研究

膠原病、アレルギー疾患を初めとする自己免疫疾患の病態は、患者それぞれで多様な病像を示す。個々の症例について、臨床症状、臨床検査について詳細に検討を加えることにより、これらの原因不明とされている疾患の本態にせまることを目的として研究を行っている。

最近の発表

論文

  • 松原悦子,長谷川均,河野政志,酒井郁也,安川正貴,佐田榮司:無菌性髄膜炎を反復したSjogren症候群の1例.日本内科学会雑誌 95,1548-1550 (2006)
  • 佐田榮司,河野政志,井上淳,長谷川均,坂山憲史:皮下結節を初発症状とした完全型Heerfordt症候群の1例.内科97,565-567 (2006 )
  • Sakayama K, Sugawara Y, Fujibuchi T, Sada E, Kidani T, Miyawaki J, Tanji N, Yamamoto H: A case of nodular-type muscular sarcoidosis: findings of imaging, histopathology, and polymerase chain reaction. Modern Rheumatology 15, 114-117 (2005)
  • 大西佐知子,長谷川均,薬師神芳洋,佐田榮司,藤田繁:Dexamethasone(デカドロン)パルス療法が有効であったループス腎炎の1例内科 95, 980-983 (2005)
  • Sugawara Y, Sakayama K, Sada E, Kajiwara M, Semba T, Higashino H, Mochizuki T: Heerfordt Syndrome Initially Presenting With Subcutaneous Mass Lesions: Usefulness of Gallium-67 Scans Before and After Treatment. Clin Nucl Med 30, 732-733 (2005)

このページに関するお問い合わせ

臨床検査学科

〒791-2101 愛媛県伊予郡砥部町高尾田543

大学事務局

電話番号:089-958-2111 ファックス番号:089-958-2177