このページの本文へ移動

更新日:2019年5月10日

臨床検査学科

研究概要 荒川 裕也

研究テーマ1: 自己免疫性甲状腺疾患(AITD)の病態に影響するエピジェネティクス因子の解明

甲状腺の慢性炎症により甲状腺機能が低下する橋本病(HD)は,自己抗体検査によりサイログロブリン抗体もしくは甲状腺ペルオキシダーゼ抗体が陽性であれば診断されるが,実際に甲状腺機能低下症を引き起こすのは,橋本病患者の10%程度である.また,甲状腺刺激ホルモンレセプター抗体(TRAb)の産生による甲状腺機能亢進症であるバセドウ病(GD)では,抗甲状腺剤治療が広く行われているが,寛解率が低く,再発する患者が多くみられる.このように,AITDの病態や治療効果には,個人差が多くみられるがその原因は明らかになっていない.我々は,エピジェネティクスの観点からこれらの個人差に関わる因子を探索し,HD重症化の予防薬やGDの治療法開発に繋げたいと考えている.

研究テーマ2: 紀伊半島南部筋委縮性側索硬化症(ALS)多発地域における新たなALS病態の解明

ALSは,随意筋を支配する上位もしくは下位運動ニューロンの変性により,四肢の筋委縮や球麻痺症状(嚥下障害,構音障害など)が見られる疾患であるが,その発生機序は詳しく明らかになっていない.また,かつて紀伊半島南部やグアム等では,ALSが他地域に比べ約100倍もの発生をしていることが明らかになったが,近年はその発生率は減少し,全国平均と同等のレベルまで減少している.ALSの多発理由や発生率が減少した理由は不明である.我々は,紀伊半島南部におけるALSに注目し,特徴的な病態を探索することで,多発原因の究明や,新たなALS発生機序の解明を行い,さらに新たなバイオマーカーや治療方法の発見に繋げたいと考えている.

最近の発表

論文

  • Arakawa Y, Watanabe M, Takemura K, Inoue N, Hidaka Y, Iwatani Y.:The IL15 +96522 A>T functional polymorphism is related to the differentiation of Th17 cells and the severity of Hashimoto's disease.; Int J Immunogenet.44(2):41-50, 2017.
  • Mizuma T, Watanabe M, Inoue N, Arakawa Y, Tomari S, Hidaka Y, Iwatani Y., Association of the polymorphisms in the gene encoding thyroglobulin with the development and prognosis of autoimmune thyroid disease., Autoimmunity 50(6):386-392,2017.
  • Tameko Kihira, Kazushi Okamoto, Iori Sakurai, Yuya Arakawa, Ikuro Wakayama, Koichi Takamiya, Ryo Okumura, Yuhto Iinuma, Keiko Iwai, Yasumasa Kokubo and Sohei Yoshida, Lifestyle Changes and Oxidative Stress in a High-incidence Area of Amyotrophic Lateral Sclerosis in the Southwestern Kii Peninsula, Japan., Intern Med.56(12):1497-1506,2017.
  • Saeki M, Watanabe M, Inoue N, Tokiyoshi E, Takuse Y, Arakawa Y, Hidaka Y, Iwatani Y.:DICER and DROSHA gene expression and polymorphisms in autoimmune thyroid diseases.; Autoimmunity. 49(8):514-522,2016.
  • Akahane M, Watanabe M, Inoue N, Miyahara Y, Arakawa Y, Inoue Y, Katsumata Y, Hidaka Y, Iwatani Y.Association of the polymorphisms of chemokine genes (IL8, RANTES, MIG, IP10, MCP1 and IL16) with the pathogenesis of autoimmune thyroid diseases. Autoimmunity.;49(5):312-9,2016.
  • Sarumaru M, Watanabe M, Inoue N, Hisamoto Y, Morita E, Arakawa Y, Hidaka Y, Iwatani Y: Association between functional SIRT1 polymorphisms and the clinical characteristics of patients with autoimmune thyroid disease.; Autoimmunity. 49(5):329-37,2016.
  • 城尾可奈, 荒川裕也, 野口依子, 岡崎葉子, 佐藤伊都子, 中町祐司, 林伸英, 河野誠司, コリンエステラーゼ活性が極低値だった1症例の遺伝子解析, 医学検査65(1):64-69,2016.
  • Y.Arakawa , M.Sarumaru , M.Watanabe , N.Inoue , Y.Hidaka , Y.Iwatani : Associations of the gene polymorphisms of DNMT1, DNMT3, MTHFR and MTRR with the levels of global DNA methylation and with the prognosis of autoimmune thyroid disease.; Clin Exp Immunol. 170(2):194-201,2012.
  • Iijima K, Arakawa Y, Sugahara Y, Matsushita M, Moriguchi Y, Shimohiro H, Nakagawa M., Factor XII Osaka: abnormal factor XII with partially defective prekallikrein cleavage activity., Thrombosis and Haemostasis, 105(3):473-478, 2012.

このページに関するお問い合わせ

臨床検査学科

〒791-2101 愛媛県伊予郡砥部町高尾田543

大学事務局

電話番号:089-958-2111 ファックス番号:089-958-2177