このページの本文へ移動

更新日:2010年9月16日

臨床検査学科のご紹介

在学生からのメッセージ

1年生

徳島県立脇町高等学校出身

一年次は、看護学科、臨床検査学科の合同で行う基礎科目を中心に学びます。看護学科の方との交流も多く、多くの方と意見や考えを共有することができます。
中でも医療概論の授業では、実際に働いている看護師や臨床検査技師の方々のお話を伺えるので、お互いの職業について深く学ぶことができます。医療従事者の相互理解は将来働く医療現場においても重要なので、良い勉強をさせてもらってると思います。
基礎専門科目では、実習に向けての土台となる科目について学びます。難しい科目もありますが、理解できるまで熱心に先生方が指導してくださるので大丈夫です。
大学で多くの方と交流ができ、また学習の環境も整っているので、楽しく有意義な学生生活を送っています。

2年生

愛媛県内の高等学校出身

一年次には一般教養を中心に臨床検査技師になるために基礎的なことを学びます。講義が中心ですが、後期からは少しずつ実習が始まります。
最初は実習の進め方やレポートの書き方に慣れるのが大変でしたが、講義で習った内容についていさらに理解を深めることができました。
二年次からは専門科目に入り、覚えなければならないことも増えてきます。
他の大学よりも取得しなければならない単位数が多いので大変ですが、豊かな自然に恵まれたこの環境でこれからも先生方や先輩に助言をいただきながら、社会に貢献できる人材となれるように努力していきたいです。

3年生

愛媛県立松山中央高等学校出身

まず一番に浮かぶ私たちの大学のすばらしい所は、小規模な大学なので、学科・学年・性別に関係なく誰とでもフレンドリーに学校生活を満喫できるという所ですね。また、先生方も気さくな方ばかりなので、もし質問事項があっても気軽に聞くことが出来るし、普通の会話でも盛り上がることが出来ます。
学習についても、ただ講義を聴くだけの受動的なものではなく、自ら図書館で調べることによる能動的な学習が出来るようにも配慮されている、よく考えられた授業だと思います。

4年生

愛媛県立西条高等学校出身

四年次は、病院実習、就職活動、卒業研究、そして国家試験があります。
病院実習は、学内の講義、実習で学んだことを再確認し臨みますが、学内だけでは学ぶことが出来ないことや、雰囲気等があります。職員の方々の丁寧な指導を受け、知識や技術の理解が深まります。
就職については、学校への求人と自分の志望とを併せ決定していきます。それに加え、卒業研究、国家試験の勉強も重なるので忙しい日々ではありますが、残りの学生生活を充実出来るように、1日1日を大切に過ごしています。

このページに関するお問い合わせ

臨床検査学科

〒791-2101 愛媛県伊予郡砥部町高尾田543

大学事務局

電話番号:089-958-2111 ファックス番号:089-958-2177