このページの本文へ移動

更新日:2019年2月20日

大学の概要

客員教授紹介

氏名の50音順で掲載(2019年2月20日現在)

えんどう教授

遠藤彌重太教授

2018年4月~本学客員教授。本学では、先生のこれまでの世界的な研究業績に基づく科学の楽しさ・醍醐味を学生に伝えていただくとともに、大学院生・教員の研究アドバイザーをお願いしています。

略歴

1946年生、徳島県阿南市の出身。徳島大学大学院栄養学研究科博士課程修了(保健学博士)。

徳島大学医学部、米Chicago University生命科学研究センター、山梨医科大学(現山梨大学)医学部勤務を経て、1992年から愛媛大学工学部に教授として赴任。2003年4月には、愛媛大学に設置された無細胞生命科学工学研究センターのセンター長に就任。2012年3月愛媛大学を定年退官後は、2018年3月までカリフォルニア大学客員教授、愛媛大学特別栄誉教授としてさらなる研究の発展と後進の指導にあたる。現在、愛媛大学名誉教授及び特別栄誉教授。

基礎的・独創的な一連の研究から得た知見をもとに、世界に先駆けて、コムギ胚芽を用いる無細胞タンパク質合成法の開発に成功。この技術は、どのようなタンパク質でも試験管内で遺伝子から自由自在にこれを大量に合成する技術で、ポストゲノム時代の中心的な基盤技術として利用されている。

1990年 国際イムノトキシン学会賞
2003年 第3回山崎貞一賞
2006年 平成18年有馬啓記念バイオインダストリー協会賞
2008年 平成20年科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞研究部門

みやうちきよ教授

宮内清子教授

2016年4月~本学客員教授。前学部長。愛媛県の保健・福祉分野においては、欠かせない存在で、学部長として在任中の2015年当時から、大学が愛媛県と自治体と三位一体で行う地域包括ケア人材育成事業の代表者として事業を担っていただいています。週2回、大学の「地域交流センター」に来学されています。

略歴

国立公衆衛生院専攻課程看護学科修了

愛媛大学大学院法学研究科修了(法学修士)

1965年~12年間、保健所勤務ののち、1977年から愛媛県立公衆衛生専門学校、1991年からは愛媛県立医療技術短期大学に赴任。その後、一貫して愛媛県立医療技術短期大学・大学・大学院において教育に従事し、専攻科長、看護学科長、学部長、研究科長を歴任。2016年3月、学部長任期満了にて退職。

その間、愛媛県看護協会副会長、教育委員会委員長、保健婦職能委員長等を歴任。

現在、愛媛県高齢者保健福祉計画等推進委員会会長、愛媛県介護予防市町支援委員会会長、愛媛県介護支援専門員研修向上委員会副会長。地域の保健・福祉分野において要職を務める。

1986年 愛媛県看護協会長表彰
1998年 愛媛県知事表彰(永年勤続表彰・優良看護職員)
1999年 日本看護協会長表彰(看護業務功労)
2007年 厚生労働大臣表彰(看護業務功労)
2016年 平成28年度愛媛県政発足記念日知事表彰(保健衛生功労)
2017年 公益社団法人日本看護協会名誉会員

このページに関するお問い合わせ

教務学生グループ

電話番号:089-958-2111 ファックス番号:089-958-2177